10倍速ドイツ語脳育成プログラム

10倍速ドイツ語脳育成プログラムでドイツ語を学ぶ!

 

松平勝男が教える10倍速ドイツ語脳育成プログラムを解説♪

 

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラムとは

 

松平勝男が教える10倍速ドイツ語脳育成プログラムとは、東大で実際に行われていたドイツ語の授業から生まれた画期的なドイツ語学習プログラムです。頭のいい東大生だから、ドイツ語を学べたというわけではなく、今までこの学習法を行ってきた大勢の人が、その効果のほどを実感しています。

 

東大では第二言語としてドイツ語を学ぶ人が多くいます。それを実際に使おうと考えるのではなく、興味があるから、単位取得のために必要だから、という理由が大勢を占めます。しかし、そのような姿勢で学ぶ学生であっても、ドイツ語でネイティブと問題なくコミュニケーションを取ることができるレベルまで引き上げたのが、この10倍速ドイツ語脳育成プログラムの力なのです。

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラムの勉強方法

 

複雑そうに見えるドイツ語を簡単に、しかも驚くほど短期間で習得できる10倍速ドイツ語脳育成プログラムの勉強方法は実にユニークです。机に向かってひらすら勉強するわけでも、いわゆる聞き流しをするだけではありません。この名前にもあるように、脳を、思考パターンをドイツ語用にするのです。

 

まずは、最初の15分程度で100個以上の単語を覚えます。これは、まったく新しい単語を覚えるのではなくて、今まで学んできた日本語や英語の知識と結びつけて覚えていくのです。そして、こうしたトレーニングを少し続けていくと、一週間後には、日本語または英語ではこう言うから、ドイツ語ではこうなるだろう、というドイツ語に変換するパターンが自然とできてくるのです。こうなると、もう難しいことを考えなくても、自然とドイツ語が使えるようになってきます。

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラムのメリット

 

数多くある言語学習の教材と比較して、この10倍速ドイツ語脳育成プログラムのメリットは、とにかく早くドイツ語を習得できるようになるということです。しかも、無駄な勉強や暗記に頼らなくても効率よくどんどん吸収していけるのです。

 

ドイツ語というと、動詞の活用が多いため難解なイメージがあります。しかし、このプログラムでは、その難しそうに見える文法もあるルールを当てはめることで、実に明快で分かりやすいものにしています。しかも、日本語からすんなりと変換できるようになるので、いったんそれを身につけてしまえば、あとは頭をひねらなくとも、自然とドイツ語が出てくるという非常に効率の良い学習方法なのです。初心者であっても、3カ月もあれば、旅行でもビジネスでも困らなくなるという、うれしいプログラムです。

 

総合的な言語力を高められる10倍速ドイツ語脳育成プログラム

 

日本人が外国語に取り組む際の一番の壁となるのが、発音です。もともと勉強が得意な日本人は単語や文法は完璧ですが、発音が悪くて会話に苦労する、というのが一般的です。しかし、この10倍速ドイツ語脳育成プログラムでは、きれいなドイツ語の発音ができるようにも助けてくれます。

 

教材に含まれている音声データは、もちろん、ネイティブによるものですし、独自の工夫で自然と脳にドイツ語の音が入り込むようになっています。他の教材を使った学習で、すでにドイツ語脳ができあがっているところに、音声を流すことにより、ネイティブと同じ感覚で聞いて話す基礎が作り上げられていくのです。しかも、鍛えられた脳はドイツ語だけでなく英語など他の外国語にも敏感になっているので、総合的な言語力を高められます。

 

ネイティブとも会話ができる10倍速ドイツ語脳育成プログラムの良さ

 

日本人にはあまり馴染みがないように思えるドイツ語ですが、実は学んでおくと大変役立つことばかりです。しかも、この10倍速ドイツ語脳育成プログラムの利用で、その利点はさらに大きくなります。

 

まず、スイスやオーストリアといった美しい街を見るため、ヨーロッパを旅行したいというならドイツ語は必須とも言えます。実は、ドイツ語はドイツ本国だけでなく、様々な国で話されていて、言語総人口は1億人を超えます。そして、この言語は英語と大変共通性があるので、2つの言語力を同時に向上させられます。それに加え、10倍速ドイツ語脳育成プログラムは、脳そのものをドイツ語や外国語に対応したものにするので、新たに他の外国語を勉強する時に、吸収力を高めてくれます。そうして、たくさんの外国語を覚える下地ができあがっていくのです。ネイティブとも無理なく会話ができるので良いです。

 

 

 

≪公式HP≫【10倍速ドイツ語脳育成プログラム】 詳細はこちらをクリック♪

 

 

 
  • LINK3を更新しました
  • LINK2を更新しました
  • LINK1を更新しました